2013年04月27日

深見東州著「強運」〜先祖霊を大切にすれば家運は確実にアップ〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 背後霊、守護霊としてライセンスなしの霊がついたら大変。それこそ谷底へ真っ逆さま、なんてことになりかねない。守護霊でないが霊的パワーはある背後霊としての存在、これをしっかり認識すれば、ご先祖さまの霊をおろそかにすることはできないだろう。


 先祖の霊を大切にすることは、目上の者やお年寄りを大切にする精神につながり、こうした正しい秩序が家庭内や社会に幸福をもたらす結果になる。そして先祖にかわいがられる人は、社会で他人から引き立てを受けるのである。これが「孝」の徳というものである。


 家庭内にトラブルが続出する場合などは、ご先祖の霊を正しく祭ってあるかどうかを、確認する必要があるだろう。意外に位牌が痛んでいたり、よごれていたり、あるいはいろんな位牌が入り混じっていたりして、それが悪い運勢を呼び込んでいることも多い。だれでもいずれは霊だけの存在になるのだから、その意味でも、最も身近な霊である先祖霊を大切にする心構えが必要だろう。

posted by まりこ at 21:07| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

深見東州著「強運」〜先祖霊を大切にすれば家運は確実にアップ〜@

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 守護霊には、自分の遠いご先祖がなる場合が多い。守護霊になるためには、神霊界のライセンスが必要で、これをもたずに生きている人間に憑依するのは、邪霊、悪霊、もぐりの守護霊ということになる。


 ところで、死んでしまって数十年しか立っていない先祖の霊は、まだライセンスをもらえるほど修行の積み重ねが無い。だからといって、霊的パワーがないかといえばそんなことはなく、位牌などを仮の宿としながら、人間界と霊界を往来し、子孫の安全や健康を守っているのである。しかし、まだ霊的覚醒(平たく言えば悟り)や叡智のレベルが低いので、ある程度力は与えても、将来を見通した上での人間的、霊的な進歩向上とはならない守護であるのだ。


 運転を覚えたばかりの人と、A級ライセンスを持つ運転手が操縦する車とでは、難しいコーナーや山道、猛スピードを余儀なくされるときの沈着冷静な判断力と正確なハンドルさばきで、雲泥の差が出てくる。人生は山あり谷あり、ときには崖っぷちを行かなければならないときもある。そんなとき、やっぱり安心できるガイドはどうしてもA級ライセンスを持った守護霊ということになる。


 

posted by まりこ at 19:11| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

深見東州著「強運」〜「守護霊を味方につける」心構えが大切〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 もちろん、守護霊と言われるぐらいだから、み方であるには違いないのだが、守護霊パワーをより完全な形で自分自身の運勢に反映させるためには、守護霊が自分に対して何を期待しているのか、あるいはどうすれば守護霊と接触できるのかを正確に知ることが大切であろう。そうすれば、能力を100%以上発揮でき、もちろん強い運勢を呼び込むことが可能になる。守護霊はいつも、あなたを見守っている。だから「守られている」「守護霊は自分の味方だ」との意識を強く持つだけで、守護霊自身も気持ちよく力を発揮することができるのだ。
 
posted by まりこ at 15:08| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

深見東州著「強運」〜「守護霊を味方につける」心構えが大切〜

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 さらにもうひとつ大切なことがある。


 人間は肉体的存在であると同時に霊的な存在でもある。もうちょっと平たく言うと、いわゆる第六感があり、鋭いひらめきや予知能力、あるいは透視能力、テレパシーといった、現代科学では分析しにくいパワーを持っているということである。


 運勢の強い人は、この第六感が恐ろしいほど鋭い。


 つまり、本当にパーフェクトな人生を自分のものにしようと思うなら、第六感、霊的パワーも磨きをかける必要があるわけだ。未来に対する予見性や創造性、また未知のものを発見するインスピレーションなどは、すべてこれである。それらを得る一番手っ取り早い方法が、守護霊をみかたにつけることである。のちに説明するが、霊感を司る奇し御魂を磨き、ピーンと冴えた状態にしておくことである。

posted by まりこ at 22:12| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

深見東州著「強運」〜行動力と志の高さで運は向上する〜 

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 小さいころに出世運がつく教育を受けなかったから、もうダメだ! とあきらめるのはまだ早い。今からでも運を向上させることはいくらでも可能だ。そのひとつの方法が、行動力を高め、志を大きくする、というものだ。はっきりいって本人の志が高ければ高いほど、そしてそれをやり遂げようとする強い意志をもつほど、それにふさわしい運勢がやってくるとおもって間違いない。天の機がめぐり、守護霊が加勢するからである。

「将来、世界を動かすような偉人になるぞ」

 と常日頃思い込んでイメージし、それにふさわしい行動をとっていると、不思議なことに、世の中の全ての出来事が、自分自身を成長させるためであるかのような、そんな気になってくるものである。

 実際、神霊的観点から見ても、高い志を持った人ほど、強い運勢が渦巻いている。少々のことではへこたれないし、クヨクヨしない。太っ腹だし、人望も厚くなる。すべてが、前向きで勢いがいいのである。本人の志が強力な霊界を形成するからだ。



 

 
posted by まりこ at 20:31| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。