2009年11月01日

お玉串を出すことの意義とは?

このブログでは、世界中に愛をワールドメイトとその主宰者である深見東州先生(半田晴久氏)について書いていきたいと思います。

029お玉串とは何か(7)

深見東州先生がまだお若い頃、修業時代には次のようなことがあったそうです。

いろいろな人が訪れてきたであろうことは、想像に難くないですが、次のようにおっしゃる人がずいぶん多かったようです。

「深見先生もやっぱりお金を取るのですか!」

「てっきりタダでやってくれるのかと思ったのに!」

「先生、お金を出せば除霊してくれるそうですね。では五本でどうです?」

「先生、持ち合わせが少し足りないから、まけてもらえませんか?」

「お金を取るなんて、それでも宗教者のつもりか!」

↓お願いします。一回クリックして下さいね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by まりこ at 20:00| Comment(0) | 玉串 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。