2013年06月13日

深見東州著「強運」〜選択、判断に迷うときこそ成功をつかむチャンス〜

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 右にすべきか左の方がいいか、あるいは進むべきか退くべきか、人生ではこんなふうに、どっちにすべきか選択に迷う場合がよくある。バーゲンの商品選びから進路の決定まで、重要度に違いはあるものの、毎日が迷いの連続だ。運のいい人は、ことごとくラッキーな方向を選び、ツキの無い人は、一生懸命考え悩んだ末に、ハズレのほうを引いてしまう。小さなハズレなら笑って済まされるが、一生を台無しにしてしまうかもしれないハズレもあるのだ。


「ハテ? どちらにしようか」と、ここまではみんな同じようだ。だが、この迷いの瞬間、その人がどう考えるかによって、当たりを引くか、はずれになるかが決まるのだ。


 

【関連する記事】
posted by まりこ at 14:17| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。