2013年07月18日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜B

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 またもや突然、今度は電話が鳴りだす。相手は田舎の両親から。「たまには家族サービスでもしたほうがいいぞ。ワシラの近所で最近温泉が湧き出しての、家族そろって入りにこんか」などという。こんな風に、直接的でなかったにせよ、新聞の折り込み広告に、温泉案内が二枚も三枚も入っていて、それらが妙に印象に残るというようなことがあるのだ。


 これで90%以上の人は、守護霊の働きを感じ取って、温泉行きに決めるだろう。

【関連する記事】
posted by まりこ at 23:48| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。