2013年07月28日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜D

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 

 直感がダメなら夢、夢がダメなら友人知人の口を通して、それでもダメなら誰かを直接派遣してでも、答えを伝えようとする。涙ぐましい守護霊の姿がそこにある。


 しかし、守護霊にとってみたら、これはかえって好ましい態度なのである。何度も何度も問いを発し、疑って疑ってついに確信を得る。このほうが信じてゆるがないからだ。


 とくに、一生涯の岐路に立たせられたときはそうだ。守護霊にお骨折りいただいて申し訳ないかもしれないが、徹底して問いを投げかけ、もう絶対に間違いがないと確信できるまで、その証をとり続けるのがよい。守護霊は、喜んで骨をおるはずだ。


 それから、直感や夢は、往々にして「こうなってほしい」という先入観が入ってしまって狂いが生じることがある。また、悪霊があざむくこともありうるので、直感的な解答と、間接的な証の両用をお勧めする。


 

【関連する記事】
posted by まりこ at 19:42| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。