2013年08月08日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 お金をどう使おうか、どっちへ引っ越したらいいかなどといった、直接答えが返ってくる場合なら、心を素直にして守護霊の声に耳を傾ければいいが、どうしても避けられない災いもある。守護霊にどうすることもできない災いもあるのだ。


天が、その人に災いを与えてどうしてもより大きな成長を促す必要があるときには、これは避けようがない。しかし、これは悪意でやっているのではなく、天は自らの心を痛めながら、本人の成長のために、泣く泣く試練を与えるのである。したがって、この災いは甘んじて受けなければならない。


 

【関連する記事】
posted by まりこ at 14:50| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。