2013年08月10日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 

 ところが、悪霊がイタズラで災いをもたらすこともある。病気になったりケガをしたり、あるいは、あと一歩で仕事が完成するという段階になって、思わぬアクシデントを生じさせて、全部パーにしてしまう、といった具合である。タチが悪い上に、こんなものにとりつかれると、運勢も急降下しはじめる。早いうちになんとかしなければならない。


 

 そこで、大事を成す前には必ず守護霊にお願いすることにしよう。また、いつ思わぬアクシデントに、巻き込まれないとも限らないので、日頃から守護霊のご加護をお願いしておいたほうがいい。とくに、親戚や家族で悪霊狙われ型の人生を送る人が多い場合は、真剣にやったほうがいいだろう。いうなれば守護霊ガードマンといったところか。

【関連する記事】
posted by まりこ at 23:21| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。