2015年02月01日

深見東州著 強運〜明るく爽やかな場所に位牌を置くと先祖は喜ぶ〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生の最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 さて、われわれ人間も暗くてジメジメしたところに住みたいと思わないのと同様、位牌を仮の宿とする霊も、できるだけ小ざっぱりとした明るいところを好むものである。

「3LDK、庭付き一戸建て位牌」などと贅沢は言わないが、トイレの横とか物置の横とかはかんべんしてほしい、と願っている。そして、できれば薄陽が差し、四季折々の自然が感じられる場所ぐらいは最低限望んでいるだろう。子孫とともにいられるリビングが一番喜ばれる。

 二週間も三週間も仏壇に閉じ込めっぱなし。掃除も二ヶ月に一度というのでは、霊も喜ぶまい。真面目な霊ならば「しょうがない子孫たちだ」と、しかめっつらをする程度で許してくれるかもしれないが、そのかわり幸福をもたらすこともついためらいがちになろう。ちょっとヘソ曲がりで、しかも子孫を恨んでいたりすれば、「コノヤロウ」などと腹を立て、ゴツンとゲンコツを見舞うことも十分考えられる。しかも、「こんな位牌にはいられない」と霊がさっさと逃げ出すこともある。すると、空き家になった位牌に、家の周りをウロウロしていた「宿無し浮遊霊」が、ちゃっかり住みつく危険性もあるわけだ。

【関連する記事】
posted by まりこ at 18:04| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。