2015年03月30日

深見東州著 強運〜明るく爽やかな場所に位牌を置くと先祖は喜ぶ〜D

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生の最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。



 先祖代々と記した位牌と、死後30年ぐらいまでの直系の人たちのそれぞれの位牌を、黒塗りに金文字で書き、後者をやや小さめに制作してもらうのである。これが最も霊たちに喜ばれる。あまり深刻に考える必要はないが、かといって軽く扱うことは厳に慎むべきだ。また、浄土真宗や日蓮宗の信心を昔から行っている家では、仏壇はあっても阿弥陀如来の絵図や曼荼羅があるだけで位牌のない場合も多い。

 先祖代々すべての人々が、それぞれの信仰で救われたい、と心から願って死に、浄土に行っているのなら、位牌がなくてもなんの問題もない。しかし、不信心だった先祖はどうなるのか。命日になれば仏壇にやってくる。ところが、仏壇に位牌がなければ不信心だった先祖の霊は子孫の身体にくっつくしかない。

【関連する記事】
posted by まりこ at 09:51| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。