2015年09月24日

深見東州著「強運」〜霊がよろこべば家運は上向く〜

このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 要約すれば、位牌についているご先祖様の霊が、安心して修行ができ、また悩み苦しんでいる霊には、少しでも楽になってもらえるようにすることだ。すると、家の中のいざこざは自然と解消し、運勢も上向く。そうかといって、戒名と命日を何十年もさかのぼって探し、毎日お経をあげるのも考えもの。前述したように、せっかく悟って霊界に行って修行している霊に対しても、毎日、現世に想いをひっばり戻そうとしているのに等しいからである。そういう修行に専念している霊にとっては、まことに迷惑なことであることがおわかりいただけると思う。それでも、どうしても毎日供養をしたかったなら、30年以内の霊だけに限るのがよい。宗門宗派の教理を超えて、これは霊界の真実の掟に照らして述べていることなのである。

【関連する記事】
posted by まりこ at 15:49| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。