2015年10月08日

深見東州著「強運」〜霊がよろこべば家運は上向く〜C

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 ご先祖様の霊が、守護霊の統率のもとに背後霊の構成員となって直接働き、幸運をもたらす。また、家族がご先祖を大切にしている様子を見て、守護霊や守護神といった霊パワーの強い存在が、家族を守るようになるのだ。自分たちが大先祖に当たる場合が多いからである。

 ほとんどの場合、守護霊は自分の父親か母親と直接血のつながった十数代前の、非常に徳の高い人がなる。したがって、ご先祖様の霊を大切にするということは、とりもなおさず、守護霊も喜ぶのである。

 親類の間で不幸が続くとか、家族の人間関係がどうもシックリいかないという場合は、一度ご先祖様の霊をそれまでどう扱ってきたか、真剣に考えなおしてみる必要があるだろう。他の原因も多いが、案外、位牌の位置が違っていたり、あるいは仏壇などが隅っこに追いやられていたり、汚れていたという些細なことが原因だった、ということも多いのである。

 肉体がないのでものを言えないのが霊だが(実際は、いろいろしゃべっているのだが、人間の方が鈍感になっていて聞こえない)、霊の気持ちを知って、正しく供養するのが、幸運をつかむ近道の一つなのである。


【関連する記事】
posted by まりこ at 18:33| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。