2010年02月03日

何事も真実の一部でしかない

世の中にはいろいろと運の良し悪しを調べたり、占ったりする方法がありますね。

それらは、一つひとつが確かに真実の一部を表してはいますが、それ一つで真実をすべて伝えているわけではないのです。

例えば手相占い、印鑑占い、姓名判断、四柱推命、星占い、いろいろありますが、どれもある程度は当たっています。

しかし、どれもその一つだけで本質をすべて示しているかと言えば、そうではないのです。

本質の神霊界、神様の道から見ると、それらも一つの方向性ではあって、真実を告げてはいますが、絶対的な神様の御心、尺度というわけではありません。

ところが、手相を観る人は何でも手相でわかると言うし、四柱推命の大家だという人は何を占う時でも四柱推命が正しいかのように主張するし、神霊家なら神霊万能主義に陥る傾向があります。(とにかく自分が一番であるかのように言うわけです。)

冷静に考えてみれば、天の法則や星の運行もまた神様の一部なんですね。自分が専門とするものだけを万能だと主張するのはひとりよがりではないでしょうか。心と方法さえよければ易占いもまた善ではないでしょうか。そして易占いなどは、絶対的なものなんだーと思わないで、結果に心をしばられないで、参考にしてたらいいよ、というくらいでいいかと思います。

運命学や宿命学というものはも、絶対神の意図を相対的に推しはかる手段であって、自分の進歩向上の糧として初めて意味があると言えるのではないでしょうか。

ブログランキング
ブログランキング
posted by まりこ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 霊界法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

入門するとはどういうことか?

このブログでは、世界中に愛をワールドメイトとその主宰者である深見東州先生(半田晴久氏)について書いていきたいと思います。

022会員であることの意義(3)

現実的に、収入についてだけ考えるなら、あるいは、宣伝効果だけに関して考えるなら、会員でも会員でなくても、どんどん集めて、秘法会、あるいは神徳祈祷会を開催すればいいはずです。

金儲けしたいなら、何でもいいからどんどん雑誌、テレビ、ラジオ、新聞などマスメディアに宣伝を打って、人を集めて会を開けばいいはずですね。

実は、以前、深見先生も、会員の方、まだ会員でない方、両方に入場してもらって「大救霊」をやろうと試みられたことがあるんです。

先祖供養を、玉串をまったく自由意志に任せてすべて御志ご随意でされようとしたこともあります。しかしこの話は「玉串」のことなので、のちほど別稿で扱いましょう。

ここでは会員とはどういう意味でけじめをつけているのか、それについて考えていきたいのですが、会員でない方が大救霊に参加したところ、どうなったのでしょうか?

結局、大救霊のお取り次ぎは催行不可能で、深見東州先生がお取り次をなさることはできなかったのです。

会員であることの意義や有り難みを理解しないまま、深見東州先生のお取り次ぎの意義や有り難さを理解しないまま、この度の神仕組の意義や意味、その重みを知らないまま、あるいは、霊界の法則、生まれ変わり死に変わりの法則を知らないまま、「物見遊山的姿勢で見物しにきた方がほとんどだった」ため、例えば、感謝の祈りも霊が救われるように祈る祈りも足りなかったので、会場が、「神現れ出ずる御神業の斎庭」にならなかったのですね。

やはり、正式に入会するということは、この斎庭に降臨している神々に対して、「最低限の礼節を表明すること」になっているのですね。

その出来事以降、深見東州先生の神徳祈祷会に参加できるのは、代理申し込みを除けば、会員でなくてはならない、ということになってしまったのです。

入学する、入門する、入会する、というのはこういうことを言うのです。

手続きを踏んで、正式に所属することで、その団体の持つ霊的な影響を一気に受けることになるのです。

自分の運気は、自分がどういうものに帰依しているのかによって大きく左右されることを理解していただきたいと思います。

↓ランキング応援、お願いします。1回クリックして下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by まりこ at 20:00| Comment(0) | 霊界法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

ス神からの霊流を直接受ける

このブログでは、世界中に愛をワールドメイトとその主宰者である深見東州先生(半田晴久氏)について書いていきたいと思います。

021会員であることの意義(2)

御親元素大御神を信奉するとは、即ち、「最奥神界に御魂を登録することを意味し、その結果として、一人ひとりの霊体のおでこに菊の御紋が出現する」ということになります。

正式に会員として登録する、という、「自分の志を形にして表す」ということをあなたが実行した結果、こういうことが起きているのです。

そして、安心の気の根源である御親元素大御神との霊線を結んだ結果、どこの神社に行っても、ご祭神が直々に現れて下さるようになるのです。

スの神様の仕組みに参画したことの証の一つですね。

ス神との霊線を結んだことで、ス神からの霊流を直接受けることが可能になるのです。

会員になるという手続きを踏む=入会手続きをすることで、スの神様の仕組みに参画します、という意志を表明したことになっているわけです。つまり、ス神に帰依し、賛同していることになるのです。

自分の名前が会員名簿に載る、ということが大切なのです。

自分の立場について、最低限のけじめをつけているわけです。

(続く)

↓ランキング応援、お願いします。1回クリックして下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by まりこ at 20:00| Comment(0) | 霊界法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

会員であることの意義−現実的に形を整えることが大切

このブログでは、世界中に愛をワールドメイトとその主宰者である深見東州先生(半田晴久氏)について書いていきたいと思います。

020会員であることの意義(1)

何をもって霊的な「けじめ」とすることができるのか?この点について、考えてみたいと思います。

男女が結婚する時のことを考えてみましょうか。男女が夫婦として結婚し、一緒に暮らしていこうとする時、いったいいつお互いの体質や因縁が大きく動き始めるのでしょうか。

それは、初めて肉体関係ができた時ではありません。また、一緒に暮らし始めた時でもありません。実は「入籍した時」からなのです。

次に、会社などの団体、複数の人たちが属する「集合体もしくは組織」のことを考えてみます。そうした集合体の運の鍵を握るのは誰でしょうか?

その組織の運気に最も影響を与えるのは、第一線でバリバリと活躍する人ではなく、「書類上で代表になっている人」なのです。たとえ名前を借りているだけでも、書類上のトップになっている人が、運気の鍵を握っているのです。

つまり、この三次元の世界で、「正式に具体的に形にして表すという行為」がたいへん霊界に影響を及ぼしているわけです。

そこで、ワールドメイトの会員として入会するのとそうでないのでは何が違うのか、この点について説明させていただきたいと思います。

宗教団体の入会手続きをする、ということは、その団体が信奉している神様の霊流を受ける、ということを意味します。

ワールドメイトでは、その神様とは「御親元素大御神」ということですね。

では御親元素大御神を信じ奉るとは、どういうことなのでしょうか?

(続く)

↓ランキング応援、お願いします。1回クリックして下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by まりこ at 20:00| Comment(0) | 霊界法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。