2013年08月17日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜C

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。




 そして、信念が強ければ強いほど、守護霊のパワーも強くなる。それによって、自分に降りかかってくる災いが小さくなるのだ。本来なら大難が降りかかるはずなのに、それが小難になったり、小難ならば無難になったりするわけである。


 悪霊のイタズラばかりではない。ときには試練さえも軽減されることがある。守護霊が、「彼もこんなに一生懸命やっていますから、ここはひとつお手やわらかに」と、天に対してとりなしてくれるわけだ。100の試練が八十ぐらいになるかもしれないが、結局のところ、自分自身が行いをちゃんと改めて、自分を立派に磨き世のため人のために尽くすようになれば、天も守護霊の願いを聞き届けてくれるわけである。

【関連する記事】
posted by まりこ at 16:40| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜B

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。 


 この守護霊ガードマンの日当はただ。ボーナス、厚生年金、社会保険、失業保険など、一切不要であるばかりでなく、年中無休、一日二十四時間守っておられるのだ。なんとありがたい、尊い存在ではなかろうか。お金はいらないし、労働条件にも文句はいわれない。「ただし、お金の代わりに「守護霊さんが、守ってくれる。いや、すでに守られている」という強い信念と感謝の気持ちが必要となってくる。それさえあれば守護霊は満足してくださる。こんな方は、親戚はもとより、日本中、いや世界中探しても絶対いないはずだ。

posted by まりこ at 15:09| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 

 ところが、悪霊がイタズラで災いをもたらすこともある。病気になったりケガをしたり、あるいは、あと一歩で仕事が完成するという段階になって、思わぬアクシデントを生じさせて、全部パーにしてしまう、といった具合である。タチが悪い上に、こんなものにとりつかれると、運勢も急降下しはじめる。早いうちになんとかしなければならない。


 

 そこで、大事を成す前には必ず守護霊にお願いすることにしよう。また、いつ思わぬアクシデントに、巻き込まれないとも限らないので、日頃から守護霊のご加護をお願いしておいたほうがいい。とくに、親戚や家族で悪霊狙われ型の人生を送る人が多い場合は、真剣にやったほうがいいだろう。いうなれば守護霊ガードマンといったところか。

posted by まりこ at 23:21| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月08日

深見東州著「強運」〜大難は小難に、小難は無難に〜

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

 お金をどう使おうか、どっちへ引っ越したらいいかなどといった、直接答えが返ってくる場合なら、心を素直にして守護霊の声に耳を傾ければいいが、どうしても避けられない災いもある。守護霊にどうすることもできない災いもあるのだ。


天が、その人に災いを与えてどうしてもより大きな成長を促す必要があるときには、これは避けようがない。しかし、これは悪意でやっているのではなく、天は自らの心を痛めながら、本人の成長のために、泣く泣く試練を与えるのである。したがって、この災いは甘んじて受けなければならない。


 

posted by まりこ at 14:50| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜D

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 

 直感がダメなら夢、夢がダメなら友人知人の口を通して、それでもダメなら誰かを直接派遣してでも、答えを伝えようとする。涙ぐましい守護霊の姿がそこにある。


 しかし、守護霊にとってみたら、これはかえって好ましい態度なのである。何度も何度も問いを発し、疑って疑ってついに確信を得る。このほうが信じてゆるがないからだ。


 とくに、一生涯の岐路に立たせられたときはそうだ。守護霊にお骨折りいただいて申し訳ないかもしれないが、徹底して問いを投げかけ、もう絶対に間違いがないと確信できるまで、その証をとり続けるのがよい。守護霊は、喜んで骨をおるはずだ。


 それから、直感や夢は、往々にして「こうなってほしい」という先入観が入ってしまって狂いが生じることがある。また、悪霊があざむくこともありうるので、直感的な解答と、間接的な証の両用をお勧めする。


 

posted by まりこ at 19:42| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもあるC

  このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。

 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。 

 

 だが、残りの数パーセントの人のために、守護霊は三度目の最後のアプローチを試みる。守護霊もこんな疑い深い人につくと骨が折れて大変だ。本人としてはまだ「たまたま、偶然が重なっただけ」と、守護霊の汗だくの苦労もどこ吹く風といった感じ。


 三度目は、セールスマンが家に訪ねてきたーピンポーン。


「ごめんください。わたし、守護霊です」


 などということはさすがに無いが、このセールスマン、なんと旅行代理店の人で、温泉旅行をさかんに勧める。『最近は、旅行会社も訪問販売をやるようになったのかな』などと思っている間にセールスマンの口車に乗せられて、温泉旅行のクーポン券を買ったあと、「あ、これが守護霊さんの答えか!」と気がつく。

posted by まりこ at 16:06| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜B

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 またもや突然、今度は電話が鳴りだす。相手は田舎の両親から。「たまには家族サービスでもしたほうがいいぞ。ワシラの近所で最近温泉が湧き出しての、家族そろって入りにこんか」などという。こんな風に、直接的でなかったにせよ、新聞の折り込み広告に、温泉案内が二枚も三枚も入っていて、それらが妙に印象に残るというようなことがあるのだ。


 これで90%以上の人は、守護霊の働きを感じ取って、温泉行きに決めるだろう。

posted by まりこ at 23:48| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 たとえば、こんな具合だ。


 一回目。 突然懐かしい友達が家を訪ねてきて、先日家族そろって温泉旅行に行ってきたことや、女房子どもがものすごく喜んでいたことなどを、こちらが聞きもしないのに、ペラペラとしゃべりまくる。普通の人なら「ハハーン、守護霊さんの解答用使者だな」と悟って、今度のボーナスは家族旅行に決めた!となるわけ。


 しかし、それでもまだ疑う人もいる。それらの人のために、二回目のアプローチがなされる。

posted by まりこ at 18:03| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

深見東州著「強運」〜周囲の人の口を借りて指示することもある〜

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 


 直感力も弱く、夢も見ないという人に対しては、守護霊は別の方法でアプローチを試みる。こちらが真剣なら、守護霊はとても親切である。なんとか願いを聞き届け、答えを伝えようとするわけだ。しかも間接的にやってくる答えは、たいてい三回以上伝えられる。一回二回伝えたぐらいでは、どうせ気がつかないだろうし、信じないに決まっている、とでも思っているのかもしれない。とにかく、鈍感な人間でも悟れるように、三回以上答えを出してくれるのだ。

posted by まりこ at 19:00| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

深見東州著「強運」〜返事は夢や直感で〜A

 このブログでは、深見東州(半田晴久)先生、最大のベストセラーである「強運」から、その一部を紹介させて頂きます。


 とても素晴らしい教えが満載ですので、強運になりたい方は、ぜひ参考にしてください。


 

 次は夢で教えられる場合。日頃夢などあまり見ないという人が、その夜に限って、家族揃って汽車に乗って楽しくおしゃべりしている夢を見たりする。そういうときの夢というのはカラーではっきりと見え、よく覚えているものだ。朝、目醒めても、しばらくの間旅行気分が抜けない、などといった感じである。


 逆に、守護霊が、「旅行はやめたほうがいい」と教える場合は、飛行機や列車の事故などの夢を見させることもある。危険信号を発しているわけだ。そういうときには、旅行を中止すべし。

posted by まりこ at 14:57| 深見東州「強運」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。